FAX DMで顧客をつかむ

FAX DMを速く大量に確実に届けるために

未来の客に自社をアピールするFAX DM

先ずは未開拓の顧客の情報をゲットする

企業にとっての最大の使命は、利益を追求し続ける事です。その為に必要なのは、常に新規の顧客を開拓し続ける事が、何よりも重要なのは言うまでも有りません。しかし、当り前ですがこれほど難しい事も他になく、常に自社も変化し続ける事もまた重要だと言えます。未開拓の顧客は何処にいるのか、自社のサービスの需要は何処にあるのか、まだアクセスできていない業界や業者は、まだあるのか。など、アンテナを高く張って、その情報を集めていく必要があるでしょう。地道に足で稼ぐ事も大事です。が一方で、より多くの企業のFAX番号を集めて、その番号に広く大量にDMの形で、自社のサービスを送ってしまう事で、例え1件でもリアクションを起こしてくれれば、その1件は、自社の末長い顧客になってくれるかもしれないのです。顧客開発に比較的アナログな手段ではあっても、FAX DMは非常に有効なツールになってくれるでしょう。

では、まだ見ぬ顧客は、自社のどんなサービスに目を止めてくれるのだろうか。と、云う事も、しっかり考えて、より効果的なFAX DMを送る必要があります。自社ができ得る全てのサービスを盛り込んでしまいがちですが、顧客によってニーズは様々なので、ある程度情報を絞って、見易くて、直ぐにアクセスできる情報でなければなりません。なので、こうしたDMは、営業の担当者が抱え込んで作るよりも、ニーズを良く知る専門のFAX DM代行サービスの業者と、予めターゲットを決めて、一件でも多い反応が却って来るように戦略を立てる必要があるでしょう。発信するFAX DMの数が多ければ多いほど、コストも低く抑えられるので、担当者が悩んでコストを上げてしまうより、余程リスクがないと言えます。

自社で作った原稿から先ずはコンサルティングを受ける

同じ内容を謳った文書でも反応が全く異なるケースは良くある事です。どうせなら、より反応が高まるFAX DMを送った方が良いに決まっているので、先ずは自社で元となる原稿を作成したら、代行業者のアドバイスを基に発信する方が効果が断然高まっていく事でしょう。代行業者は、多くの成功例を持っていますから、文字の大きさや使用するフォント一つで大きく効果が違ってくる事を知っています。それを考えれば、例えコンサルが有料であっても、決して「経費高騰」と、いう結果にはならないでしょう。それよりも、代行業者が自社の新たな顧客であると考えれば、開拓でき得る顧客は、更に広がっていくのではないでしょうか。

人気記事ランキング