FAX DMってなんですか

FAX DMをご使用前によくお読みください

FAX DMは業者にお任せできるのです

これはどのようにして宣伝するのですか

FAX DMは文字通りファックスを使用したダイレクトメールです。これの基本的な使い方はあらかじめ紙に宣伝の内容を書きまして、それをファックスを使用して相手に送信をします。もちろん相手はファックス対応の電話機でないと話になりません。これのいいところは、他の宣伝方法、つまり郵送やインターネットメールに比べて見てもらえる可能性が高いことです。というのは郵送だと中身を開封しないと見てもらえないですが、中身を開封することなくゴミ箱に捨てられてしまう可能性があるし、インターネットメールもやはり開封しないでゴミ箱へ消去されてしまう可能性が高いです。しかしファックスだと書かれた紙が表に向いてファックスの手元に吐き出されているので、それで手に取った瞬間に見てもらえる可能性が高いというわけです。

これは個人よりも業者向けのサービスです

そのFAX DMはどちらかというと個人よりも商売業者向けの宣伝方法であるといえます。というのは今の時代にファックス対応の電話機を所有している個人はさほど多くはないからです。しかし商売業者はファックス対応の電話機を所有している割合が高いので、それで業者向けの宣伝方法となります。FAX DMの宣伝の利点は開封率が高いだけでなく、送信コストも郵送に比べてはるかに安く、インターネットメールとそん色ないレベルです。しかしファックスで大量にたくさんの業者に向けて宣伝をする場合は、自分で1つ1つ送信していたのでは間に合いません。そこで代行業者が活躍しています。代行業者の会社内ではたくさんの大量送信可能なファックスがたくさん並んでいて、それで大量送信をします。しかも代行業者を利用する場合には別の利点がありまして、法人リストを所有していることです。その法人リストの中から送信した宣伝を見て記載している商品やサービスを買ってくれそうな業者を選び出して、送信することも可能にしてくれています。

しかし今は相手からの許可が必要になりました

しかしFAX DMで宣伝を行うには、今は相手先の許可を得ないと送信できないような時代になってしまいました。理由の1つはファックスでの宣伝に使用するインクや紙は、相手先のファックスのインクや紙だからです。これは平成28年に特定商取引法が改正されまして、FAX広告に関して規制が設定されました。最初は送信先からの許可がないままにFAX広告を送ることが禁止されたこと、次はもし相手先が許可したとしても、許可したという記録を作成して保存することなどです。もしこれらの規制を無視して今まで通りに送信していると、行政庁から2年以内の業務停止処分とか指示処分などの制裁を受ける恐れが出ることになったからです。

人気記事ランキング